カテゴリー: 生命保険

判例で保険金のと相続のことを学ぶ

保険金は相続の対象の財産ではなく、受取人の固有のものである。

生命保険の場合、受取人が指定されていた場合は、受取人だけのものになります。

しかしその受け取ったお金をどのようにするかは、受取人次第です。
“判例で保険金のと相続のことを学ぶ”の詳細は »

相続と保険金の受け取りについて

保険金の受け取り方法によって、相続時に税金を安くできたりもします。

保険会社の個人年金は将来、国民年金だけでは心配という人向けに
民間の保険会社から出された商品です。

個人年金も受け取り方を工夫すると相続税の節税にも有効なのです。
“相続と保険金の受け取りについて”の詳細は »