判例で保険金のと相続のことを学ぶ

生命保険の場合、受取人が指定されていた場合は、受取人だけのものになります。

しかしその受け取ったお金をどのようにするかは、受取人次第です。

金額によっては受け取った者は贈与税の対象に
なる場合があります。

上記の続きとして、

死亡保険金請求権の取得のための費用である保険料は,
被相続人が生前保険者に支払ったものであり,
保険契約者である被相続人の死亡により保険金受取人である相続人に死亡保険金請求権が発生することなどに
かんがみると,保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に
照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には,
同条の類推適用により,当該死亡保険金請求権は特別受益に準じて持戻しの対象となると解するのが相当である。

相続の判例は、
何を言いたいのかよくわからないです。

区役所の向かいで便利な相続の手続センターの川崎支部
よくわからない相続の手続をまとめて依頼できる。川崎市の中では相続ならここと定評がある。
この組織はとても評判のいい団体だ。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む