カテゴリー: だれとだれが話し合う当事者か

遺産の分割方法に決まりはありません。

生まれ育った家を最終的にどのように処分、もしくは引き継げばいいのか、家族みんなで事前に話し合っておかれたらどうでしょうか

すっかり秋らしく、過ごしやすい季節になりましたね。
我が家の庭木も、紅葉が始まり赤く色づいていてとても綺麗です。
しかし、美しいものは儚いもので、アッという間に落ち葉と化し、毎日掃き掃除に追われる日々がやってきます。

“遺産の分割方法に決まりはありません。”の詳細は »

赤ちゃんをうむと友人もお母さんだ

暑いのが苦手なので、夏をどう過ごすのか家族に相談もしている。

友人が妊婦さんで、最近母親教室の話をよく聞かせてくれます。

赤ちゃんがどうやって産まれてくるのか、父親の役割など・・・知ってはいたけれども、改めて母親になる人から聞くと説得力というか勉強になったなぁと実感します。
“赤ちゃんをうむと友人もお母さんだ”の詳細は »

宅地と相続について

相続開始直前に被相続人およびその親族、その他被相続人と特別の関係があるものが発行済み株式の総数、出資の50%

特定事業用宅地等の要件

●被相続人事業用に供されていた宅地

・・・・・・その宅地等を取得した親族が申告期限まで引き続き
その宅地を有し、かつその事業を営んでいる
(不動産貸付、駐車場、駐輪場を除く)
“宅地と相続について”の詳細は »