タグ: 内縁の妻や先妻の子

自分が相続させたい人に相続させる

実質的に長年連れ添った内縁関係者がいた場合でも、内縁者は法律上の相続人になれません。

配偶者も子供もなく、あまり仲の良くなかった親や兄弟に財産をあげるくらいなら、生前お世話になった方にお礼の気持ちを込めて財産を残したいという方も少なくありません。
ただし、法律で定められた相続人の場合は遺言などなくとも財産を受け取ることはできますが、血族相続人以外の人が受け取る場合、遺言書に記載されていなければなりません。
“自分が相続させたい人に相続させる”の詳細は »