贈与の特例として相続時に精算して課税する制度がある

相続税対策としては生前贈与という方法があり、現金や預金だけでなく土地や建物なども贈与できますので、税額軽減を図るのに活用する方も増えています。ただし、税金面で考えれば、贈与税は相続税率に比べて大きく設定されていますので、安易に生前贈与をすると返って多くの税金を払うこととなりますので注意が必要です。
そのためには、「相続時精算課税制度」や「夫婦間の贈与特例」といった制度を活用しましょう。この制度を利用すれば、贈与税が非課税となったり贈与の税率が軽減されたりします。たとえば、親子間の生前贈与について、相続時精算課税制度を利用すれば、特別控除額2500万円以内ならば、贈与時、相続時を通して税金はかかりません。ただし、贈与税がかからないようにするには、贈与税の期限内申告が必要となります。
では、特別控除額が2500万円を超える生前贈与には、どのくらいの税金がかけられるのでしょうか?
2500万円を超えた額に対しては、一律20%の贈与税がかかりますが、相続の際に申告をすることで、先に納付した贈与税は全額返還されます。
相続時精算課税制度は、平成15年度の税制改正において創設された制度です。高齢化の進展に伴い、相続による次世代への資産移転が大幅に遅れていることが背景にあり、生前に贈与することで資産の移転が円滑化することを目的として創設されました。

相続手続支援センター川崎駅前では、スムーズな引継ぎをサポート
いずれにせよ、被相続人が生きている間に、家や土地、預貯金などの財産や借金などを含めて、
「どうしたいか」「どうしてほしいのか」を話し合い、明確にしておくことが大切です。
また、遺言として残しておく際には、必ず書面で残す必要がありますので、専門家に相談してみるのがいいでしょう。
相続川崎.jp/tax/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む