保険金と相続の関係

「契約者が死亡した場合」、
保険は契約者でなく被保険者が死亡したかどうかできまります。
保険契約者と被保険者が同一なのが原則ですが、
父親が契約者で被保険者が子供という
被保険者と契約者が異なるケースももちろんのこと多くあります。
この場合、契約者が死亡したことで保険の解約返戻金に
相続手続が発生します。
生命保険金は受取人固有の権利ですので、
相続財産には含まれません(判例)。
したがって相続放棄をしていても保険金を
受け取ることは可能です。

しかし税法上は「みなし相続財産」となり、
相続財産に算入されます(500万円×法定相続人の
人数までは控除される)。

死亡保険金請求権は,被保険者が死亡した時に
初めて発生するものであり,保険契約者の払い込んだ
保険料と等価関係に立つものではなく,被保険者の
稼働能力に代わる給付でもないのであるから,実質的に
保険契約者又は被保険者の財産に属していたものと
みることはできない(最高裁平成11年(受)第1136号同14年11月5日第一小法廷判決・
民集56巻8号2069頁参照)。
したがって,上記の養老保険契約に基づき
保険金受取人とされた相続人が取得する死亡保険金
請求権又はこれを行使して取得した死亡保険金は,
民法903条1項に規定する遺贈又は贈与に係る
財産には当たらないと解するのが相当である。

とされています。

相談を相続手続支援センター川崎駅前でやっている
口コミで評判中でもある。多くの方の手紙でそれが分る。ホームページもとっても読み手の視線だ。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む